【概要】

都留市は人口は約3万人のまちです。そのうちの約1割にあたる、公立大学法人 都留文科大学学生(約3,000人)が、市内で生活する「学生のまち」です。 また、市内の85%を占める山林や富士山を源流とする清流と豊富な湧水などに恵まれた「湧水のまち」でもあります。 そして、勝山城、谷村城という城を中心に栄えた城下町でもあります。 現在は、国が推進する地方創生の柱の一つである生涯活躍のまち事業を推進し、その分野では全国に先駆けた取り組みを行っている自治体として注目を集めるようになりました。 そんな都留市では、生涯活躍のまちを推進する中で、住み続けられるまちを実現するため、仕事創出、人材育成に力を入れています。特に、古くから「城下町」としての歴史を持ち、伝統織物「郡内織」の文化の再興はかねてからの課題でありましたが、ここ数年で動き出しつつあります。 地域の伝統を活かしたまちづくりを行い、それを産業として育成していく。そのような想いを持って取り組んでいただける地域おこし協力隊を募集します。

【募集条件】

・心身ともに健康で誠実に勤務できる方 ・3大都市圏をはじめとする都市地域等に在住の方、または他自治体において地域おこし協力隊の隊員として2年以上活動し、解嘱から1年以内の方で、都留市に住民票を移動できる方 ・都留市に1年以上居住ができる方 ・地域の活性化に意欲があり、地域になじむ意志のある方 ・普通自動車免許証を所有しており、日常的な運転に支障のない方 ・パソコン(ワード・エクセル・SNS等)の操作及び活用ができる方 ・地域おこし協力隊期間満了後に市内での起業・創業に意欲のある方

【募集人数】

1名

【ミッション】

・地域の伝統文化の復興および担い手の育成

【活動内容】

委嘱日から任期終了まで、一般社団法人まちのtoolbox事務所を拠点として、主に次の活動を行っていただきます。 ①傘作り教室の運営・参加 ②傘産業の振興に向けた仕事づくり、仕組みづくり、環境の整備 ③イベントの企画・運営、継続的な情報発信 ④市、織物工業協同組合、商工会、地域の職人等関係機関とのネットワークづくり ⑤傘作りに関する情報発信 ⑥交流スペースの活用企画・運営 ⑦その他、生涯活躍のまち推進に関する業務 ↑伝統織物「郡内織」を使った傘作りの担い手を育成するための養成講座「手作り洋傘教室」を実施しています

【任用形態及び期間】

○都留市が指定する地域再生推進法人 一般社団法人まちのtoolboxの任期付き職員となります。 ○採用の日から1年間とします。 ※活動実績により更新する場合があります。(最長3年間の年更新制)

【活動開始時期(応相談)】

令和4年7月1日~

【報酬】

月額197,264円(賞与あり)

【待遇及び福利厚生】

〇隊員に手当の支給は行いません。ただし、隊員の住居については、月額5万円を限度に家賃を負担します。なお、生活備品、光熱水費は個人負担となります。 〇隊員が住居の準備を行う場合には、礼金等の入居に必要な経費のうち7万円までを一般社団法人まちのtoolboxが負担します。 〇活動用の車両は、原則として社用車を使用します。 〇社会保険、厚生年金、雇用保険に加入していただきます。 〇活動に関連して出張等を行った場合は旅費を支給します。

【勤務場所】

受入団体一般社団法人まちのtoolboxの事務所(都留市上谷2-2-10)

【勤務時間】

○勤務日数:原則週5日です(土日勤務有) ○勤務時間:原則8時30分から17時15分(休憩時間1時間含む)の1日7時間45分勤務です。 ○休日:週休2日制 〇有給休暇(年10日)

【応募期間】

随時 ※ただし、定員に達した場合は募集を締め切るため応募はできません。

【応募方法】

応募提出書類に必要事項を記入し、メールで提出してください。 提出書類 地域おこし協力隊応募用紙・活動目標 ※提出書類は返却しません。なお、記載されている個人情報については秘密を厳守します。

【選考の流れ】

○一次審査 (書類審査) 応募書類を郵送またはメールにて送付してください。結果は書類到着後、概ね10日以内にメールで通知します。 〇二次審査(オンライン面接) Zoomによるオンライン面接を行います。日程は別途調整させていただきます。結果は面接後10日以内にメールで通知します。 ○最終審査(対面での面接) 一次選考合格者は、一般社団法人まちのtoolbox事務所において最終面接を行います。なお、詳細日程は第一次選考合格通知とともにお知らせします。 この面接試験にかかる一般社団法人まちのtoolbox事務所までの往復交通費は個人負担となります。 合否結果は、面接後10日以内にメールにて通知します。

【応募先・問い合わせ】

E-mail:info@osusowake.life 〒402-0053 山梨県都留市上谷1-2-3 Tel:0554-67-9155 一般社団法人まちのtoolbox 採用担当 兼 仕事創出/人材育成事業担当:小川

【概要】

都留市は人口は約3万人のまちです。そのうちの約1割にあたる、公立大学法人 都留文科大学学生(約3,000人)が、市内で生活する「学生のまち」です。 また、市内の85%を占める山林や富士山を源流とする清流と豊富な湧水などに恵まれた「湧水のまち」でもあります。 そして、勝山城、谷村城という城を中心に栄えた城下町でもあります。 現在は、国が推進する地方創生の柱の一つである生涯活躍のまち事業を推進し、その分野では全国に先駆けた取り組みを行っている自治体として注目を集めるようになりました。 そんな都留市では、生涯活躍のまちを推進する中で、住み続けられるまちを実現するため、仕事創出、人材育成に力を入れています。市内外からの注目はされてきた一方、まだまだ新たな市内人材の発掘や市外からの移住者の募集、仕事の募集といった部分については開拓の余地があるところです。都留市内の人材育成や新たな働き方をする人たちの受け入れ体制づくりをすることで、都留市を面白いと感じてもらえる人たちを増やし、訪れてもらう。そのような想いを持って取り組んでいただける地域おこし協力隊を募集します。

【募集条件】

・心身ともに健康で誠実に勤務できる方 ・3大都市圏をはじめとする都市地域等に在住の方、または他自治体において地域おこし協力隊の隊員として2年以上活動し、解嘱から1年以内の方で、都留市に住民票を移動できる方 ・都留市に1年以上居住ができる方 ・地域の活性化に意欲があり、地域になじむ意志のある方 ・普通自動車免許証を所有しており、日常的な運転に支障のない方 ・パソコン(ワード・エクセル・SNS等)の操作及び活用ができる方 ・地域おこし協力隊期間満了後に市内での起業・創業に意欲のある方

【募集人数】

1名 ↑都留市での起業を支援「生涯活躍のまち・つるビジネスプランコンテスト2021」の様子

【ミッション】

・地域の人材育成および都留市で継続的に働き続けられる機会の創出

【活動内容】

委嘱日から任期終了まで、一般社団法人まちのtoolbox事務所を拠点として、主に次の活動を行っていただきます。 ①継続的に働き続けられるための人材育成業務、仕事創出業務 ②フリーランス、IT人材、起業家に向けた交流イベント、働き方セミナー等、企画・運営 ③市内外の事業者(企業、フリーランス)との繋がりづくり。連携イベント・施策の企画・運営 ④コワーキングスペースの運営 ⑤各種情報発信 ⑥その他、生涯活躍のまちの推進に関する業務

【任用形態及び期間】

○都留市が指定する地域再生推進法人 一般社団法人まちのtoolboxの任期付き職員となります。 ○採用の日から1年間とします。 ※活動実績により更新する場合があります。(最長3年間の年更新制)

【活動開始時期(応相談)】

令和4年7月1日~

【報酬】

月額197,264円(賞与あり)

【待遇及び福利厚生】

〇隊員に手当の支給は行いません。ただし、隊員の住居については、月額5万円を限度に家賃を負担します。なお、生活備品、光熱水費は個人負担となります。 〇隊員が住居の準備を行う場合には、礼金等の入居に必要な経費のうち7万円までを一般社団法人まちのtoolboxが負担します。 〇活動用の車両は、原則として社用車を使用します。 〇社会保険、厚生年金、雇用保険に加入していただきます。 〇活動に関連して出張等を行った場合は旅費を支給します。

【勤務場所】

受入団体一般社団法人まちのtoolboxの事務所(都留市上谷2-2-10)

【勤務時間】

○勤務日数:原則週5日です(土日勤務有) ○勤務時間:原則8時30分から17時15分(休憩時間1時間含む)の1日7時間45分勤務です。 ○休日:週休2日制 〇有給休暇(年10日)

【応募期間】

随時 ※ただし、定員に達した場合は募集を締め切るため応募はできません。

【応募方法】

応募提出書類に必要事項を記入し、メールで提出してください。 提出書類 地域おこし協力隊応募用紙・活動目標 ※提出書類は返却しません。なお、記載されている個人情報については秘密を厳守します。

【選考の流れ】

○一次審査 (書類審査) 応募書類を郵送またはメールにて送付してください。結果は書類到着後、概ね10日以内にメールで通知します。 〇二次審査(オンライン面接) Zoomによるオンライン面接を行います。日程は別途調整させていただきます。結果は面接後10日以内にメールで通知します。 ○最終審査(対面での面接) 一次選考合格者は、一般社団法人まちのtoolbox事務所において最終面接を行います。なお、詳細日程は第一次選考合格通知とともにお知らせします。 この面接試験にかかる一般社団法人まちのtoolbox事務所までの往復交通費は個人負担となります。 合否結果は、面接後10日以内にメールにて通知します。

【応募先・問い合わせ】

E-mail:info@osusowake.life 〒402-0053 山梨県都留市上谷1-2-3 Tel:0554-67-9155 一般社団法人まちのtoolbox 採用担当 兼 仕事創出/人材育成事業担当:小川

【概要】

都留市は人口は約3万人のまちです。そのうちの約1割にあたる、公立大学法人 都留文科大学学生(約3,000人)が、市内で生活する「学生のまち」です。 また、市内の85%を 占める山林や富士山を源流とする清流と豊富な湧水などに恵まれた「湧水のまち」でもあります。 そして、勝山城、谷村城という城を中心に栄えた城下町でもあります。 現在は、国が推進する地方創生の柱の一つである生涯活躍のまち事業を推進し、その分野では全国に先駆けた取り組みを行っている自治体として注目を集めるようになりました。 そんな都留市では、生涯活躍のまちを推進する中で、住み続けられるまちを実現するため、仕事創出、人材育成に力を入れています。市内外からの注目はされてきた一方、まだまだ新たな市内人材の発掘や市外からの移住者の募集、仕事の募集といった部分については開拓の余地があるところです。都留市への新たな仕事の流れをつくり、さらには人の流れをつくる。そのような想いを持って取り組んでいただける地域おこし協力隊を募集します。

【募集条件】

・心身ともに健康で誠実に勤務できる方 ・3大都市圏をはじめとする都市地域等に在住の方、または他自治体において地域おこし協力隊の隊員として2年以上活動し、解嘱から1年以内の方で、都留市に住民票を移動できる方 ・都留市に1年以上居住ができる方 ・地域の活性化に意欲があり、地域になじむ意志のある方 ・普通自動車免許証を所有しており、日常的な運転に支障のない方 ・パソコン(ワード・エクセル・SNS等)の操作及び活用ができる方 ・地域おこし協力隊期間満了後に市内での起業・創業に意欲のある方

【募集人数】

1名 ↑飲食店運営を考える交流会での様子。地元の方も移住者の方も皆で一緒に楽しく

【ミッション】

・市内外の人と都留市を繋ぐ継続的なコミュニティづくり

【活動内容】

委嘱日から任期終了まで、一般社団法人まちのtoolbox事務所を拠点として、主に次の活動を行っていただきます。 ①東京等からの新たな仕事や人材の獲得 ②都留市内での仕事の担い手育成(研修等の実施) ③地域交流イベントの企画、運営 ④地域人材との継続的交流(協力者との人脈づくり、市内全域の人材のネットワークづくり) ⑤各事業に関する情報発信 ⑥その他、生涯活躍のまちの推進に関する業務

【任用形態及び期間】

○都留市が指定する地域再生推進法人 一般社団法人まちのtoolboxの任期付き職員となります。 ○採用の日から1年間とします。 ※活動実績により更新する場合があります。(最長3年間の年更新制)

【活動開始時期(応相談)】

令和4年7月1日~

【報酬】

月額197,264円(賞与あり)

【待遇及び福利厚生】

〇隊員に手当の支給は行いません。ただし、隊員の住居については、月額5万円を限度に家賃を負担します。なお、生活備品、光熱水費は個人負担となります。 〇隊員が住居の準備を行う場合には、礼金等の入居に必要な経費のうち7万円までを一般社団法人まちのtoolboxが負担します。 〇活動用の車両は、原則として社用車を使用します。 〇社会保険、厚生年金、雇用保険に加入していただきます。 〇活動に関連して出張等を行った場合は旅費を支給します。

【勤務場所】

受入団体一般社団法人まちのtoolboxの事務所(都留市上谷2-2-10)

【勤務時間】

○勤務日数:原則週5日です(土日勤務有) ○勤務時間:原則8時30分から17時15分(休憩時間1時間含む)の1日7時間45分勤務です。 ○休日:週休2日制 〇有給休暇(年10日)

【応募期間】

随時 ※ただし、定員に達した場合は募集を締め切るため応募はできません。

【応募方法】

応募提出書類に必要事項を記入し、メールで提出してください。 提出書類 地域おこし協力隊応募用紙・活動目標 ※提出書類は返却しません。なお、記載されている個人情報については秘密を厳守します。

【選考の流れ】

○一次審査 (書類審査) 応募書類を郵送またはメールにて送付してください。結果は書類到着後、概ね10日以内にメールで通知します。 〇二次審査(オンライン面接) Zoomによるオンライン面接を行います。日程は別途調整させていただきます。結果は面接後10日以内にメールで通知します。 ○最終審査(対面での面接) 一次選考合格者は、一般社団法人まちのtoolbox事務所において最終面接を行います。なお、詳細日程は第一次選考合格通知とともにお知らせします。 この面接試験にかかる一般社団法人まちのtoolbox事務所までの往復交通費は個人負担となります。 合否結果は、面接後10日以内にメールにて通知します。

【応募先・問い合わせ】

E-mail:info@osusowake.life 〒402-0053 山梨県都留市上谷1-2-3 Tel:0554-67-9155 一般社団法人まちのtoolbox 採用担当:小川

概要

人口減少、社会保障費の増大、地方消滅。ウンザリするマクロな未来予測は置いておいて。私たち自身のビジョンとアイディアと実装力で小さな街の現場から面白く塗り替える未来をはじめましょう。 こんにちは。一般社団法人まちのtoolboxは、山梨県都留市という人口3万人の小さな街から地方創生事業を推進するまちづくり団体です。「移住促進」や「起業支援」そして「デジタルを活用したまちづくり」を推進しています。2021年には運営する、まちのデジタルプラットフォーム「まちマーケット」がLINE for Business 主催の「#みんなのLINEビジネスコンテスト」で特別賞を受賞しました。 この度この「まちマーケット」の企画・開発・運営を一緒にチャレンジしてくれる地域おこし協力隊を募集いたします。開発は都留市にあるベンチャー企業と共同で行います。都内でバリバリ働いていたエンジニアやプロダクトマネージャーとチームで開発できますのでエンジニアとしてのスキルアップ、プロジェクトマネージャーとしての成長にも大きく繋がります。

■こんな方に来て欲しい!

  • 「デジタルで」地域課題解決にチャレンジしたいエンジニア/プロダクトマネージャーの方
  • 自ら能動的に課題を見つけ、解決策を企画・提案し、まちの暮らしを便利にしたい方
  • 自然が好きな方
  • php,JaveScpritなどのプログラミング言語を使って実際にシステム構築の経験がある方(小さくてもかまいません)
  • 多様な個性を尊重し、色々な人たちと協働し、課題解決にチャレンジしたい方

まちの暮らしを便利にするまちの情報プラットフォーム「まちマーケット」とは

私達の暮らす山梨県都留市は現在人口約3万人。しかし、20年後には人口が2万人になると予測されています。都留市だけでなく全国の地方で同様の人口減少が予測されています。その様な中、20年後も地域住民が幸福に暮らす為の公共サービスを官民連携で維持・向上させていくために「地方創生」「官民連携まちづくり」が行われています。 私達が開発・運営しているのが、街のデジタルプラットフォーム「まちマーケット」です。 https://lin.ee/xipawGb まちマーケットは2019年にリリース後、地域に根ざした機能追加を行い続け、2022年4月現在、都留市人口の13%以上の方が利用してくださっており、現在も増え続けています。(※人口3万人の中で4,000人以上が利用してくれています) まちマーケットの特徴は「地域密着型でユニークかつ多様な機能/チャットボット」です。 ゴミの日がチェックできるのはもちろん、「お悔やみ情報」や「地域ポイントカード」「公共施設の予約・決済」などまちの暮らしを便利にする様々な機能を実装しています。今後も官民連携で様々な機能の追加・改善を推進していく為、今回新しい仲間を募集を行うこととなりました。

デジタルで10年後の未来を創りましょう

日本国内のデジタル(DX)投資は2030年度には2019年度比3.8倍の3兆425億円に拡大すると予想されています。(※1)今後あらゆる領域でデジタル化が進むことは疑う余地がありません。一方で、デジタル化を推進する中心人材である「デジタル人材」は日本全体の全労働者の3.8%しかいません。(※2)都留市のような地方であれば1%にも満たないのが現状です。 しかし、今後10年にわたってデジタル投資を推進するのはその1%未満であるデジタル人材です。「デジタル人材がいるかいないか?」で「10年後の未来」が変わります。私たちは地域の「デジタル人材育成」と「デジタル投資促進」を推進し、10年後の未来を自らの構想力と実装力で創造してまいります。 是非、一緒に10年後の未来づくりにチャレンジしましょう。 (※1)2030年度のDX投資金額市場、3.8倍の予測 (※2)産業別就業者数   

【業務内容】

  • 「まちマーケット」に関する企画・開発・運営業務
    • 統計情報・アクセスデータなどから課題領域の抽出
    • 行政/NPO団体、市民などへのヒアリング調査
    • 課題の整理と解決策の企画/提案
    • システム開発(機能設計/画面設計/コーディング)
    • 保守/運用・効果測定
※実際の業務はチームでの分業となります。先輩エンジニアやプロジェクトマネージャー、デザイナーなど10名程度(リモートワーク含)のチームとなります。地元出身者よりも移住者の方が多いので安心してください。  

【募集要項】

  • 心身ともに健康で誠実に勤務できる方
  • 3大都市圏をはじめとする都市地域等に在住の方、または他自治体において地域おこし協力隊の隊員として2年以上活動し、解嘱から1年以内の方で、都留市に住民票を移動できる方
  • 都留市に1年以上居住ができる方
  • 地域の活性化に意欲があり、地域になじむ意志のある方
  • 地域おこし協力隊期間満了後に市内での就職、起業・創業に意欲のある方
  • 顧客折衝から、要件定義、設計、開発、テスト、運用支援などエンジニアとしての一通りのスキルを身につける意欲がある方
  • 多様な個性を尊重し、色々な人たちと協働し、課題解決にチャレンジしたい方
  • システム開発/Webサイト構築などのプロジェクトに半年以上関わった経験のある方
  • php、JaveScpritなどのプログラミング言語を使って実際にシステム構築の経験がある方(小さくてもかまいません)

【任用形態及び期間】

  • 都留市が指定する地域再生推進法人 一般社団法人まちのtoolboxの任期付き職員となります。
  • 採用の日から1年間とします。※活動実績により更新する場合があります。(最長3年間の年更新制)  

【活動開始時期】

  • 令和4年9月1日~

 【募集人数】

  • 1名

【報酬】

  • 月額197,264円(経験/能力などに応じて別途副業として業務委託する場合がございます)

【待遇及び福利厚生】

  • 隊員に手当の支給は行いません。ただし、隊員の住居については、月額5万円を限度に家賃を負担します。なお、生活備品、光熱水費は個人負担となります。
  • 隊員が住居の準備を行う場合には、礼金等の入居に必要な経費のうち7万円までを一般社団法人まちのtoolboxが負担します。
  • 活動用の車両は、原則として社用車を使用します。
  • 社会保険、厚生年金、雇用保険に加入していただきます。
  • 活動に関連して出張等を行った場合は旅費を支給します。

【勤務場所】

  • 山梨県都留市内 開発会社である C-table株式会社と連携した活動となります。

【勤務時間】

  • 勤務日数:週5日
  • 勤務時間:8時30分から22時00分(休憩時間1時間含む)の間の1日8時間勤務です。
  • 休日:週休2日制
  • 有給休暇(年10日)

【応募期間】

  • 随時 ※ただし、定員に達した場合は募集を締め切るため応募はできません。

【応募方法】

  • 応募提出書類に必要事項を記入し、メールで提出してください。

【提出書類】

※提出書類は返却しません。なお、記載されている個人情報については秘密を厳守します。

【選考の流れ】

○書類審査 上記応募書類をメールで提出してください。結果は後日、メールで通知します。 提出先;info@osusowake.life ○オンライン面談 書類審査通過者はZoomによるオンライン面接を行います。日程は書類審査通過後、別途調整させていただきます。 ○二次審査 オンライン面談通過者は、一般社団法人まちのtoolbox事務所において二次選考試験(面接)を行います。なお、詳細日程は第一次選考合格通知とともにお知らせします。 この第二次選考試験にかかる一般社団法人まちのtoolbox事務所までの往復交通費は個人負担となります。 合否結果は、メールにて通知します。

【応募先・問い合わせ】

E-mail:info@osusowake.life 〒402-0053 山梨県都留市上谷1-2-3 Tel:0554-67-9155 一般社団法人まちのtoolbox 採用担当:小川
一般社団法人 まちのtoolboxでは、市内のふるさと納税や「生涯活躍のまち」をテーマとしたビジネスプランコンテスト等、都留市のまちづくりに関する様々な事業を進めています。   現在、当法人では都留文科大学生を対象としたインターンシップの参加募集をしております。ご興味のある方はぜひご応募ください。     【求める人物像】 ・都留市のふるさと納税事業に興味がある方 ・ふるさと納税向けのポータルサイトの運営に関心のある方 ・ビジネスプランコンテストの開催や創業支援に関わりたい方   【期間】 2021年度 最低3カ月以上 ※最終日に、活動報告会等を実施予定   【場所】 ・山梨県都留市谷村1-2-3(当法人事務所) ※内容によってはリモートでの取り組みも可能です。   【お申し込み】 インターンご希望の方はホームページ問い合わせフォームからご連絡ください。 ※お問い合わせ内容欄に学科名、学年、簡単な自己紹介と、インターンを希望する旨を記入してください。 内容を確認させていただき、メールにてご連絡いたします。その後、簡単な面談をオンラインでさせていただく流れとなります。  

【インターン経験者インタビュー:小島さん】

  1.「インターンに応募したきっかけを教えてください」 コロナの影響で自分の目標を諦めざるえなくなったときに、取り敢えず半年大学休学することを決断しました。あとから「馴染みのフィールドから離れてみる」「社会人に多く触れる」という2軸で休学期間の過ごし方を考えました。これまでの大学生活で出来なかったことであり、このままでも出来ないと思ったからです。有楽町のふるさと回帰支援センターに相談したところ、偶然山梨県の担当の方から代表の伊藤さんを紹介していただきました。当時は業務の具体的なイメージはあまり持てなかったのですが、上記の2軸に合致していたことと、何よりも自分の身の振り方について真摯に考えてくれる印象を受けたことで、飛び込むことを決めました。     2.「担当した業務は何ですか?」 道の駅基本計画策定と商品券回収です。道の駅基本計画策定では、全国の道の駅の事例を整理、道の駅職員へのヒアリング、オンラインでのワークショップ等を行いました。商品券回収では、都留市中の店舗を一軒一軒周り、商品券を回収しました。     3.「このインターンを経験して得られたことはなんでしょうか?」 職場の内外問わず様々な方にお会いし、お話を伺えたことで、自分の社会における立ち位置がなんとなく見えたことです。自分に何が足りなくて、何を身につければ良いかを考えることができるようになりました。     4.「やってみての感想を自由にお話ください」 インターン中から現在に至るまで、都留では多くの方にお世話になり、その感謝が感想の全てです。ここではそう思うようになった経緯を書きたいと思います。 私は基本ネガティブ思考で、インターン中は自分の無力さに悩み、終了直後は「もっとやっておけば良かったのに」というような感じでした。しかし、少し時間が経った現在になって都留での半年間を単なる過去の経験にするのではなく、これからの人生にどう繋げていくかという視点に立ってみると、ネガティブ思考は間違っていたというか、伸びしろのないものだと思いました。あらためて、私が都留で得られたことを整理するとお世話になった方々があります。そしてその方々への恩返しが今現在の原動力になっています。     5.「最後に、これからインターンをする人へのメッセージをお願いします」 インターンを探すような人はどんな仕事をしたいか「明確である人」と「迷っている人」に分かれると思います。「明確である人」は突き進んでください、応援しています。私は完全に「迷っている人」側でした。私が「迷っている人」にアドバイスを送るならば、どこかでチャレンジしてみるべきだと思います。もしチャレンジしたいことが都留にあれば幸いです。    

【お問い合わせ】

一般社団法人まちのtoolbox 山梨県都留市上谷1丁目2番3号(都留市エコハウス) 公式HP: https://osusowake.life/ 問い合わせフォーム:https://osusowake.life/contact/  

のまちづくり

自然から人へ。人から人へ。

企業と地方経済を緩やかにつなげる

おすそわけ」のまちづくり。

詳しくみる

Osusowake Labelまちづくりへご参加ください

あなたの得意なこと、やりたいことを教えてください。「興味はあるけど今はまだ情報を知りたいだけ。」
そんな方も是非ご登録をお済ませください。団体からも各種情報提供をさせていただきます。

まずは是非無料会員にご登録ください。

会員登録する(無料)

一般社団法人 まちのtoolboxでは、Facebook、Instagramでも情報配信中です。

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

お知らせ